富)【警察官の格好で立っている】
伊)【コンビニの袋を持って、右から登場】

富澤富澤

あー、君。


伊達伊達

はいはいはい。はい?


富澤富澤

ダイエット中、ちょっといいかな。


伊達伊達

してねーよ、別に。ただ歩ってるだけじゃねーかよ。なんだよ。


富澤富澤

黙秘権か?


伊達伊達

いや、いっぱい喋ってんじゃん。なぁ。何、黙秘権の意味知らないんじゃないの、お前。


富澤富澤

こんな時間に何やってんだ。


伊達伊達

何やってんだって、お前。コンビニの帰りじゃねーかよ。


富澤富澤

こんな時間にコンビニ行く奴なんかいるか。


伊達伊達

いっぱいいるわ、お前。何のために24時間開いてんだよ。


富澤富澤

お前みたいな奴がいるから、24時間営業しなきゃいけないんだろ。


伊達伊達

それが売りだろうが、コンビニのよー。なぁ。閉まってたら俺だって行かねーよ、別によ。腹減ったから食いもん買いに行ってきたんじゃねーかよ。


富澤富澤

嘘をつくんじゃない。


伊達伊達

ああ?


富澤富澤

それが腹の減ってる人間の体形か。


伊達伊達

やかましーわ。ほっとけよそんなの、うっせーな。なんなんだよ、お前。


富澤富澤

だいたい嘘つきはナントカの始まりって言うだろ。


伊達伊達

泥棒だよ。何1番大事なとこ飛ばしてんだよ。泥棒!


富澤富澤

トロンボーン?


伊達伊達

始まるか、お前。なんで嘘ついた奴、トロンボーン始めんだよ。泥棒だよ。


富澤富澤

そう、「嘘つきは泥棒のはじまりはじまりーー」って言うだろ。


伊達伊達

1回多いんだよ、始まんのがよ。紙芝居みたいんなってんじゃん。


富澤富澤

いいから盗んだものを見せなさい。


伊達伊達

はぁ!?盗んでねーよ!バカじゃねーの。行くからな俺。


富澤富澤

あっ!【無線で】小太りの犯人が逃走しましたー!


伊達伊達

おい!待て待て待て待て。


富澤富澤

小太り、跡を濁さず。


伊達伊達

飛ぶ鳥だよ。なんだよ、小太りってよー。何の犯人なんだよ、俺。


富澤富澤

何か怪しいなぁー?


伊達伊達

怪しくねぇだろ。好青年だろ、これ。


富澤富澤

ナイフとか持ち歩いてんじゃないのか。


伊達伊達

持ってねーよ。バカじゃねーの、お前。


富澤富澤

じゃあ、フォークは持ってんじゃないのか。


伊達伊達

洋食屋か、俺は。何でナイフとフォーク持って歩ってんだよ。バカじゃねーの。


富澤富澤

じゃあ、ちょっとボディタッチするから。


伊達伊達

ボディタッチすんなよ。ボディチェックだろ。何かいやらしいわ。なぁ?


富澤富澤

いいから両手を上げ下げしなさい!


伊達伊達

なんで上げ下げすんだよ。当選確実か、俺は。なぁ?何にも持ってねーよ!バカじぇねーの、お前。


富澤富澤

何にも持ってないなら、持ち物をポンカンに見せなさい!


伊達伊達

本官だよ!何だポンカンって。何でお前ミカンの一種なんだよ。


富澤富澤

その袋の中!


伊達伊達

見ろよ、じゃあ。食いもんしか入ってねーよ。バカじゃねーの、お前。【袋を渡す】


富澤富澤

ジュースに、サラダに、ヨーグルト。お前はOLか!


伊達伊達

違うわ、お前。どこにこんなオフィスレディいんだよ。おにぎりとか入ってんだろ。男らしい食いもんがよー。


富澤富澤

おにぎり?


伊達伊達

ああ。


富澤富澤

【袋からおにぎりを取り出して】これ、場合によっちゃー、鈍器のようなものに


伊達伊達

ならねーよ、お前。どんだけ人の頭柔らけーんだよ。


富澤富澤

【袋を覗きながら】お前っ!!


伊達伊達

なんだよ?


富澤富澤

この白い粉はなんだ?!


伊達伊達

小麦粉って書いてんじゃねーかよ。小麦粉だろ、これ。


富澤富澤

まさかこれでパンとか作るんじゃないだろうなぁー?


伊達伊達

わりーのか?いいじゃねーか、お前。母ちゃんに買ってこいって頼まれたんだよ。


富澤富澤

お前っ!


伊達伊達

なんだよ。


富澤富澤

これなんだ!


伊達伊達

ミカンじゃねーかよ。


富澤富澤

ポンカンじゃねーのか。


伊達伊達

大好きか!ポンカン大好きか、お前。残念だったな、これミカンだよ。


富澤富澤

あー、ポケットの中は?


伊達伊達

何もねーよ、お前。小銭とな、カードくらいだよ。


富澤富澤

お前もしかしてー、ハンケッチ持ってるか?


伊達伊達

ハンケッチってなんだよ。ハンカチだろ、お前。大正生まれか!持ってるよ、ハンカチくらいよー。


富澤富澤

小銭とカードとハンカチ…。


伊達伊達

おお。


富澤富澤

お前、マジシャンだろ!


伊達伊達

何でそう思ったんだよ!なぁ。別に手品のカードじゃねーよ。普通のカードだよ?


富澤富澤

じゃあ、何か身分を証明するもの、持ってないのか?


伊達伊達

しつけーなー、こいつよー。免許証でいいか?【免許証を取り出す】なぁ、免許証。これ、ずっと朝まで見とけよ、お前。


富澤富澤

あっ!お前、まさかその財布!


伊達伊達

何なんだよ。盗んだ財布とでも言いたいのか、コラ。


富澤富澤

これを凶器にコンビニ強盗したんじゃないのか!?


伊達伊達

どうやってすんだよ、お前!「動くな金を出せ!」・・・俺だわ、出してんの。いい客じゃねーか。普通のよ。バカじゃねーの、お前。


富澤富澤

【免許証を見ながら】お前っ!


伊達伊達

なんだ。


富澤富澤

これどういうことだ!


伊達伊達

なんだ、偽造の疑いか?偽造か、これ。あぁ?


富澤富澤

いや、変な顔だなー!って。


伊達伊達

【免許を取り返し】返せよ、うるせーな!何だよ、お前。免許なんてみんな変な顔なんだよ、大概よー。バカじゃねーの。お前何なんだよ、さっきからよ!暇つぶしか、お前!あぁ?何もねーじゃねーか、だいたいよ!お前、ちょっと文句言ってやっから、名前言え、名前。おい。


富澤富澤

・・・


伊達伊達

名前を言え!お前のよ!


富澤富澤

・・・


伊達伊達

名前を言えつってんだよ!


富澤富澤

「もくひ・けん」だ!


伊達伊達

どんな名前だよ!!!バカじゃねー?何が「もくひ・けん」だ。ふざけんな、お前。変な名前だなぁ!


富澤富澤

変な顔だなぁ!


伊達伊達

何、お前この野郎!!ふざけんじゃねーぞ、お前!ぶん殴っからな、今度会ったら。なぁ。じゃあな!【立ち去ろうとする】


富澤富澤

ちょっと待ちなさい。


伊達伊達

何なんだよ。まだ何か文句あるのかよ、コラ。


富澤富澤

これも何かの縁だ。


伊達伊達

ああ?


富澤富澤

何かあったら電話してこい。【紙きれを渡す】


伊達伊達

【紙を受け取る】お前に電話するか!バカじゃねーか・・・ってお前、110番じゃねーかよ!【紙を地面に叩きつける】

Follow me!