ウィンウィンウィンの法則

アフィリエイトをやる上で大切なことがあります。
それは全員が幸せになること。
全員と言うのは、広告主(企業)、読者、アフィリエイター(自分)の三者です。その中でも一番考えてあげなければならないのは、「読者」です。アフィリエイターは選ぶものは違えど、同じASPを使い、広告を選択しています。

そうすると、同じ商品を買うにしても、信頼できる人から買うのは当然のことです。稼いでいる人はPV数が多いからだと考えている人もいると思いますが、それは違います。同じPVであっても信頼できる記事であれば、読者は広告まで進んでくれます。

商品を売り込まない

アフィリエイトで稼ぐためには、商品が売れないことには収入が得られません。それは当然なのですが、商品を売ろう、売ろうとすると読者はその意図に気が付きます。「この人はただこれを売りたいから、このブログを書いているんだろうな」というように、読者はとても敏感です。

それよりも「あなたの問題を解決するためには、こんな商品があります!」というように、選択肢を与えてあげ、選ばせてあげる余地を残すのがベストです。

デメリットもきちんと書いてあげる

商品を売るためには、良いところを並べれば売れると思っていませんか?どんなに偉大な製品であろうと、他の製品と比べて劣るところはあります。購入に踏み切るためには、そのデメリットを受け入れた時に初めてアクションを起こします。

メリットを3個並べて、デメリットを1個説明するのが良いでしょう。そうすることで、「このデメリットはあるけど、メリットの方が大きいから、買おう」と最後の一歩を後押ししてあげることができます。

まとめ

「商品を売り込まない」「デメリットをきちんと書く」これらに共通して言えることは、読者が買った後に後悔しないようにすることです。

「買わされた」とか「だまされた」と思われるとせっかく一つ商品を買ってもらったのに、リピートしてくれません。新規顧客を獲得する労力は計りしれませんし、倍倍に収入を増やしていくためには、一人の人が何個も購入してくれるのが近道です。

読者のことを考え、「こんな情報があったら嬉しいだろうなー」とか「その為には、この商品が一番オススメだなー」とか、ターゲットの妄想を膨らませて時間をかけて考えてあげましょう。

Follow me!