誠子誠子

あのいきなりやねんけどさー、高校で野球部のマネージャーをやってる女の子が、幼馴染の双子の男子部員と、三角関係になることってあるやんか?


渚

いや、なかなかないやろ?


誠子誠子

ようあるやーん。


渚

あ、そうなん?


誠子誠子

だから今日はちょっとそれやってみたいなーと思って。


渚

あ、そう。


誠子誠子

だから私が、野球部のマネージャーやるから、アンタは双子の男子部員やって。


渚

わかった。


誠子誠子

フッ、すっごく楽しみ。てっちゃーん!【練習をしている渚のところへやって来る】てっちゃん!てっちゃん!てっちゃーん!!!


渚

うわぁ、めっちゃ変なヤツ来たやん。


誠子誠子

どない?調子は?明日の試合勝てそう?


渚

そやなー。でもなー、甲子園には魔物が住んでるって言うしなー。


誠子誠子

そんな魔物、うちがやっつけたんねんから!エイッ!エイッ!【パンチをする】


渚

いや、可愛いないねん・・・。そんでなんやねん、そのボディライン。


誠子誠子

ホラ、耳澄まして。


渚

なになに?もう。


誠子誠子

聞こえる?サイレンの音。


渚

病気?


誠子誠子

9回裏、ツーアウト満塁、バッターは上杉てっぺい、ピッチャー振り被って投げました!カッキーーーン!ホームランです!大きな大きなホームランです!やりました! 上杉てっぺいやりましたー!!!・・・絶対こうなる、ウチは信じて・・・る。


渚

【誠子の後ろから両肩を掴む】


誠子誠子

はっ、てっちゃん・・・!?


渚

好きや!俺お前のことが好きや!


誠子誠子

てっちゃん・・・痛い・・・。


渚

かずや!?【誠子からとっさに離れる】


誠子誠子

かっちゃん!?なんでここに!?違う、これはなんでもないねん、ねぇてっちゃん?


渚

かずや悪いな、俺今な、のぞみに告白した。


誠子誠子

なんで言うのー!?なんで言うの、ウチがせっかく隠したのになんで言うのー!


渚

悪いな。


誠子誠子

ちょっとかっちゃん!?


【渚に殴りかかる「かずや」】


渚

いてっ!お前なにすんねや!


誠子誠子

ちょっとやめて!


渚

【「かずや」と取っ組み合いの喧嘩を始める】


誠子誠子

ちょっとやめて!ウチを取り合わんといて!【二人に割って入る】ウチはみぃんなのものやろー?


渚

のぞみは俺のもんや!おりゃあ!【「かずや」に殴りかかる】


誠子誠子

かっちゃん・・・男ってみんな、アホなんやから!・・・かっちゃん・・・かわいそう。てっちゃん、本気なん?


渚

・・・本気や!


誠子誠子

・・・わかった。チュッ!【渚の額にキスをする】プレイボール!


渚

いや、お前はずっとアウトや!もうえぇわ。


誠子誠子

ありがとうございましたー。

Follow me!