渚

どうもー、尼神インターです、お願いしまーす。


誠子誠子

歩くん早いぃー。


渚

もうなんやねん、うるさいなぁ。


誠子誠子

誠子歩くん遅いねんからそう先々行ったらイヤー。


渚

もうカップルみたいなこと言うな!


誠子誠子

コンビなんてカップルみたいなもんやからね。


渚

ちゃうわ!


誠子誠子

ね、そんな事よりさ。


渚

うん。


誠子誠子

今日の私との約束、ちゃんと覚えてんの?


渚

約束?


誠子誠子

うん。


渚

何か約束してたー?


誠子誠子

もう、私との約束すぐ忘れんねんから。


渚

え、何かしてたー?


誠子誠子

ったくー。・・・私が昔話の桃太郎好きなんはもちろん知ってーる、よ、ね?


渚

知ってる、うん。


誠子誠子

知ってるよね。だから今日は桃太郎が、鬼と闘うシーンやるって約束したやろー?


渚

あー何か言ってたな。


誠子誠子

うん。


渚

そやそや、思い出したわ。


誠子誠子

うん、今からやろっ!


渚

え、でもさ、桃太郎あんま興味ないわ。


誠子誠子

え?


渚

それやったらあの、あれやりたいわ、浦島太郎。


誠子誠子

ちょっと待ってぇ?私さ、今日の桃太郎すっごい楽しみにしててんで?この日のために仕事も毎日頑張ってさーあ?


渚

うん。


誠子誠子

昨日なんか夜全然寝れへんかってんから。


渚

よっしゃ分かった!じゃあ桃太郎やろ。


誠子誠子

ヤッタネ!


渚

何やそれ!?


誠子誠子

じゃあ私が桃太郎やるから、アンタ鬼やってくれる?


渚

分かった。


誠子誠子

はーここが鬼ヶ島かぁ。


渚

誰だ、貴様は!?


誠子誠子

僕は桃太郎、君を退治しに来た!


渚

誰が貴様みたいな子供に負けるか!鬼の本当の恐ろしさを思い知るがいい!桃太郎 覚悟!キン、キン、キーン!うりゃあっ!


誠子誠子

わー。イテテテテテテテテー!


渚

貴様、その程度か!


誠子誠子

よし、行くぞーっ!ザァッ!


渚

【腹を刺される】うわぁっ!・・・うっ・・・うっ・・・うっ・・・うっ・・・


誠子誠子

え?


渚

うっ・・・うっ・・・うっ・・・はぁ・・・。お前みたいな、強いヤツが、この世にいたなんて・・・はぁ。


誠子誠子

え?


渚

俺はお前に倒されてはぁ、はぁ・・・幸せだ・・・はぁ・・・我が人生に・・・一点の曇りなーしっ!うっ・・・うっ・・・。


誠子誠子

え?何?何これ、え?


渚

あぁ、桃太郎も意外と楽しいな。


誠子誠子

あんたさ、桃太郎やったことあるやろ!?


渚

え?


誠子誠子

私以外の誰かと桃太郎やったあるやろ!?ねぇ?


渚

ない、ないよ。


誠子誠子

おかしいやんか!興味ないって言ってたのにこんなに出来んの!


渚

な、ないって。


誠子誠子

あそこら辺の演技は、素人の演技じゃなかったよ!


渚

え?


誠子誠子

何回かやり込んでる人の演技やったよ!?


渚

え?ちゃうやん。


誠子誠子

我が人生に一点の曇り、なぁーし!って言ってたやんか!なぁーし!は何回かやってる人の演技やで?ねぇ?


渚

やって、やってないよ。


誠子誠子

どの女とやったんよて!ね?


渚

彼女みたいなこと言うなて。


誠子誠子

ねえ、どの女とやったんよて!


渚

うん、連れや。


誠子誠子

連れ?


渚

うん、地元の連れ。


誠子誠子

地元の連れ?


渚

うん。


誠子誠子

名前はぁ?


渚

いや、そんなんお前に言っても分からへんて。


誠子誠子

今ここで電話してー?


渚

いや、それ、それは無理や、無理。


誠子誠子

ほら!嘘ついてるから無理なんやろ?ねぇ!


渚

嘘じゃない、お前の誤解や。


誠子誠子

どの女とやったんよて。


渚

いや、連れやって。


誠子誠子

まさか今日来てるとかじゃないやんねぇ?


渚

え?


誠子誠子

えー誰ですか?あなたですかー?


渚

おいおいやめろって!


誠子誠子

さっきからえらいよう笑て!


渚

おい、やめろって!


誠子誠子

あなたこの人と桃太郎したんですかぁ?


渚

おいやめろって。


誠子誠子

この泥棒猫が!!


渚

もういいかげんにしろ!


誠子誠子

何よ、離してよ、離して!


渚

離さへん!


誠子誠子

離して!


渚

あっ、痛った・・・!


誠子誠子

へ?


渚

痛った・・・。


誠子誠子

え?大袈裟やし。え、何?何?え、何これ?あざだらけ・・・え?


渚

バレてもうたか。


誠子誠子

え?


渚

実はな、ずっと一人で桃太郎練習しててん。


誠子誠子

へ?


渚

お前が桃太郎やりたいって言った日からこの日のために。


誠子誠子

え?


渚

お前にな、最高の桃太郎、やらせてあげたくてさ。


誠子誠子

あぁ・・・!


渚

ごめんな、黙ってて。


誠子誠子

私もごめーん!


渚

いや、ええねん。


誠子誠子

酷いこといっぱい言ってごめーん!


渚

ええねんで。


誠子誠子

信じてあげられんくてごめーん。


渚

えぇねんえぇねん。


誠子誠子

あなたもごめんなさぁい!


渚

そやな、ごめんな。よっしゃ、じゃあもっかい桃太郎やるか!


誠子誠子

やぁーるぅー。


渚

うん、やろやろ。ほな行くで。桃太郎、覚悟!おりゃあ!


誠子誠子

【刀を振り下ろす渚に抱き着く】


渚

おい、お前、どうしてん?


誠子誠子

ありがとう・・・私だけの、優しい優しい、鬼さん。


渚

ずっと何してんねん!もうえぇわ。


誠子誠子

どうもありがとうございました。

Follow me!