山崎山崎

どーもー


柴田柴田

いやー、しかしこんなところに出させていただいて


山崎山崎

せーのっ!子供のしつけって大変だよねっ!


柴田柴田

いや、聞いてない聞いてない。お前。そんなスタートってあるかしらね


山崎山崎

でも、大変だよ。親がちゃんとしないといけないんだからさ


柴田柴田

おう。


山崎山崎

例えばね、自分の息子がね、デパートかなんかで万引きしちゃうんだよね。そこに親が呼び出されて、ちゃんと叱れるか叱れないかで子供の人生変わってくるからね


柴田柴田

いやね、そうかもしれないけど


山崎山崎

だから、今日は親がビシッと言うとこ、やりたいなー


柴田柴田

いや、「やりたいなー」じゃなくて。そんな安直な発想で


山崎山崎

いっちゃお!いっちゃお!


柴田柴田

いやいや、聞け聞け。俺の話を


山崎山崎

【指で鼻の穴をふさぎながら】あーーーっ!


柴田柴田

【手で両耳の穴をふさぎながら】「あーっ!」はこうだよっ!「あーっ」はこうだよっ!お前、窒息したいのか?もしくはエアーで太りたいのか?


山崎山崎

いや、とにかくやりたいの。だから息子ね、親ね。はい、よーい、ハイッ!


柴田柴田

なんだ、「ハイッ!」って・・・


山崎山崎

ひでつぐっ!お前なんてことしてくれたんだっ!


柴田柴田

うるせえよ


山崎山崎

うるせえだとっ!【ドアを開けるジェスチャー】ガチャッ!誰に口聞いてんだよっ!


柴田柴田

おいっ、外だったんかよっ。見えちゃってドア越しに、お前が。中にいてくれっ。せめて中にっ。


山崎山崎

あっ!ピットインのほうね


柴田柴田

ピットインか分からね。ここはピットじゃねえからよ


山崎山崎

ひでつぐっ。お前なんてことしてくれたんだよっ!


柴田柴田

うるせえな、お前なんで来たんだよっ


山崎山崎

電車で来たんだよっ!


柴田柴田

手段じゃねえよっ!お前、電車好きだな、さっきからよー、お前。なにしに来たんだって聞いてんだよっ?


山崎山崎

なんだお前その態度はっ?自分が何したのか分かってんのか?


柴田柴田

分かってるよ


山崎山崎

万引きっていうのはな、一歩間違えれば犯罪なんだよ


柴田柴田

犯罪だよ!お前、なんで自分の中の世界ではギリギリセーフだよ!アウト!


山崎山崎

なんでそんなこと、なんでそんなこと高校生にもなってするんだよ


柴田柴田

欲しい物があったんだよ!


山崎山崎

欲しい物があったら買えばいいだろ。何のために毎月毎月120円のお小遣いあげてると思ってるんだよ!


柴田柴田

少ねーんだよっ!だからですっ!きょうび、高校生が120円でマンスリーをどうやって過ごすんだよ!


山崎山崎

お前、あの・・・あの・・・あったかいおしる粉とか買えんだろ


柴田柴田

いらねーよっ、そんなの。なんだよあったかいおしる粉


山崎山崎

ああ!『あったか~い』


柴田柴田

いいよ!「か~い」って。自販に忠実だなっ!「か~い」とかいいんだよ、ニョロニョロはよ


山崎山崎

そんなの毎日毎日楽しいだろよ


柴田柴田

楽しかねー、別に。だいたいそのせいでな高校の友達になんて呼ばれてんのか知ってっか?


山崎山崎

なんだよ?


柴田柴田

激安王だよ!


山崎山崎

・・・王様じゃねーかよ!


柴田柴田

王様じゃねーよっ!うれしくわないんだよっ!王様で嬉しくないの、この場合はっ!


山崎山崎

王様っていうのはすごいんだよ


柴田柴田

すごかねーよ、この場合は


山崎山崎

だいだいそんな王様というあろうお方が、なにを・・・


柴田柴田

うやまうな、うやまうな、うやまうなよ


山崎山崎

これ、CDか?お前


柴田柴田

そうだよ


山崎山崎

ええっ?モーニング・・・、モーニング・・・


柴田柴田

モーニング娘だよっ


山崎山崎

なんだ、モーニング娘だか、森三中の娘さんだか知らねーけど


柴田柴田

誰が欲しい、森三中の娘のCD!


山崎山崎

こんなの聞いてるからダメなんだよ


柴田柴田

流行ってるんですー!


山崎山崎

こんなのばっか聞いてたら、お前の未来はウォウウォウ、ウォウウォウだよ


柴田柴田

お前、むしろファンなぐらいだよっ!それだったら


山崎山崎

うーちーのー息子がー♪、万引きしーまーしーた、ピーース


柴田柴田

お茶らけてる場合かっ!ピースじゃねーよ!俺は万引きしとんじゃい、コラーーッ


山崎山崎

なんでお前はそんな子になっちまったんだよ!お前は昔は心の優しい子だったよ!


柴田柴田

そんなことねーよ


山崎山崎

牛も殺せなかったんだよ!


柴田柴田

牛は殺せねーよそんなゴッドハンド持ってるかいっ!「虫も殺せない」だよっ!


山崎山崎

とにかく店員さんに謝ってな


柴田柴田

いいよ


山崎山崎

父さんも一緒に行ってやるからな


柴田柴田

関係ねーよ、店員なんかよ


山崎山崎

なんだ、いいかげんにしろっ、父さんにも我慢の限界があるぞ。いくぞ。【拳に息を吹きかける】フッフッ。いくぞ。フッフッ、手出るぞー!


柴田柴田

「フッ」じゃなく「ハァー」だろっ!だいたい。おでんじゃねんだよ、馬鹿やろうがよー。帰るよっ、俺はよ!


山崎山崎

帰さない


柴田柴田

帰る!どけ!どけ、どけよ【ザキヤマの体を柴田が両手で支える】お前、ちょっと待て。スキージャンプみたいになってるじゃねーかっ!なにしよるんじゃ、どっか行けっ【ザキヤマの体を押し飛ばす】


山崎山崎

【スキージャンプの着地の姿勢】


柴田柴田

着地決めんなっ!そんなのが見たいんじゃねーんだよ、俺は!


山崎山崎

【ゴーグルを外すジェスチャー】お前、父さんを突き飛ばす・・・


柴田柴田

いつゴーグルはめたんだよっ!?いつゴーグルはめたんじゃっ!コラーッ!いい加減にしろ、くそオヤジっ!


山崎山崎

なんだとっ、いまなんつったっ!


柴田柴田

くそオヤジっつたんだよっ!


山崎山崎

そんなこと言ってたのか、お前は・・・


柴田柴田

聞いてなかったのかよっ!距離を考えろっ!距離をっ!


山崎山崎

ああ、いいよ。じゃあな、今日もってお前は息子でもなければ


柴田柴田

おおっ


山崎山崎

巨人の4番でもないっ!


柴田柴田

4番じゃねえよ!だいたい打者じゃねーよ、俺はっ!


山崎山崎

絶交だっ!


柴田柴田

絶交ってお友達かい!いい加減にしろっ!

Follow me!