福田福田

どうもよろしくお願いしまーす。どうもありがとうございます。


益子益子

ありがとうございます。どうも。ありがとうございます。どうも。


福田福田

ちょっと高かったですね。


益子益子

ちょっと高かったですこれ。やっぱりニュース見ました?見ました?ビックリするニュースありましたね。


福田福田

色々ありますからね今ね。


益子益子

魅力のある都道府県ランキング栃木県46位っていう結果に終わって・・・。


福田福田

そんなニュースかよ。


益子益子

いやビックリしましたよ。信じらんねえよおい。


福田福田

もっと他に色々あるべ大事なの。


益子益子

トップニュースで。45位群馬46栃木47茨城なんですよ。信じらんねえ・・・。


福田福田

北関東でワースト3ね。


益子益子

まさか群馬に負けっと思わなかったですよホントに。


福田福田

いやいや群馬もやっぱり世界遺産ができたから。


益子益子

こんにゃくパーク。


福田福田

違うべ。富岡製糸場だろ。


益子益子

ねえ。でもいいとこ栃木いっぱいありますけどね。温泉なんか行きますか?温泉はね那須温泉とか塩原温泉とか鬼怒川温泉とか。


福田福田

有名だよね。


益子益子

お湯がいいんでね結構お忍びで芸能人も結構来てますね。


福田福田

らしいんですよね。


益子益子

古谷一行さんとか結構・・・。


福田福田

格好いいよな。


益子益子

あと木の実ナナさんとかね。


福田福田

大女優ですよね。


益子益子

あの人ら来ると殺人事件・・・。


福田福田

ドラマの話だよ。実際は安全だろ。


益子益子

あとはギョーザもおいしいですよ。


福田福田

やっぱりね。


益子益子

宇都宮のギョーザが。やっぱり栃木のギョーザがなんでおいしいかっつったらやっぱりニラとかがすごくおいしいんですよ。


福田福田

採れるよねニラ。


益子益子

豚もブランド豚とかあるんでやっぱり安くておいしいギョーザができるんです。


福田福田

材料そろってるね。


益子益子

そうなんですよ。だからよくね「どこの店がおいしい?」って聞かれますけどそれは言いにくいですよね。1軒だけ言うとなんかひいきになっちゃうっつうかね言いにくいんですよね。


福田福田

でも今日はねこんなに温かいお客さん集まってもらってるんで一番のお薦めのお店っていうのを聞いてもらってもいいですかね?言っちゃうべ今日。


益子益子

僕一番好きなのは横浜中華街なんですけども・・・。


福田福田

栃木じゃねえんかお前。問題だろそれ。


益子益子

冗談です。やっぱり宇都宮が安くて一番うまいですね。ギョーザイチゴかんぴょう。


福田福田

作ってますよ。


益子益子

蕎麦もおいしいですね。


福田福田

そう。栃木県って実はすごい蕎麦どころでもあるんですよね。


益子益子

蕎麦っていうのは香りがね非常に大事ですね。


福田福田

通の方ってそう言いますよね。


益子益子

僕はね香りを嗅ぎたいがために週3ー4回は蕎麦食べに行ってますね。


福田福田

おっ結構行ってんね。


益子益子

行くんだよ俺。


福田福田

大体何食うの?


益子益子

カレー南蛮。


福田福田

香り台なしだろ。全部匂い飛んじゃうべ。


益子益子

カレーがしょっぱくてうまいんですホントに。


福田福田

カレーライス食えお前。


益子益子

でもやっぱり田舎はね大事にしたいですね。


福田福田

そりゃそうだよね。


益子益子

田舎っつうのはね最近都会の人からね結構うらやましがられる傾向があるっつうか。


福田福田

確かにね。スローライフね。憧れの田舎暮らしみたいなね。


益子益子

要するに都会の中年夫婦なんか脱サラして田舎の方にね自給自足生活しに結構来るんですね。ちょっと僕今から田舎の人やりますからお前都会から田舎に引っ越した人やってくれる?


福田福田

俺は都会の人やればいいんけ?


益子益子

特別に都会の人やらしてやっから。


福田福田

悪いな。


益子益子

俺田舎の人やりますからね。


福田福田

今日から憧れの田舎暮らしか。楽しみだな。よしまずはちゃんとお隣さんにご挨拶しに行こう。畑仕事してるな。こんにちはー!


益子益子

はいこんちは。


福田福田

どうもこんにちは。


益子益子

こんちは。なんだい?


福田福田

僕ですね今度この辺に引っ越してきました福田といいます。よろしくお願いします。


益子益子

引っ越し?どこ?


福田福田

もうホントにすぐ近くなんですけど。


益子益子

大都会にようこそ。よく来たねおい。どっから来たの?


福田福田

僕は東京から来ました。


益子益子

東京!懐かしいな。俺も若い頃東京住んでたよ俺。


福田福田

そうなんですか。


益子益子

懐かしいなおい。


福田福田

いつぐらいの時ですか?


益子益子

いつぐらいってあれはあの・・・若い頃だよ。俺30年40年前俺仕事で東京住んでたよ俺。


福田福田

そうなんですか。ちなみに東京のどちらにお住まいだったんですか?


益子益子

東京のねあそこあれ。東京のなんだっけ。あの・・・大宮。


福田福田

埼玉じゃないですかそこ。大宮っていうのは埼玉・・・。


益子益子

あれ東京。


福田福田

そうですか。


益子益子

あんちゃんどっから来たの?


福田福田

僕は世田谷っていう所なんですけど。


益子益子

世田谷なふーん。


福田福田

わかります?


益子益子

わかるよ世田谷。世の田んぼの田に・・・世田谷ね。


福田福田

はいそうです。


益子益子

世田谷はね暑いよね。結構暑くてさよくニュースで夏になると「今日世田谷は38度いきました」。「今日は40度・・・」。


福田福田

それ熊谷の話じゃないですか?なんかお話が全部埼玉の方にいっちゃうんですけど。僕東京から・・・。


益子益子

東京?あっスイカ食べる?


福田福田

いいんですか?


益子益子

切ってやるよ。


福田福田

うわうれしいな。おっきい!こういうのに憧れてたんですよ。


益子益子

あのね甘さが違うから。


福田福田

やっぱそうなんだ。


益子益子

全然違う。


福田福田

楽しみだな。じゃあ頂きますよ。


益子益子

どうぞ。


福田福田

めちゃくちゃ甘い。全然違いますね。


益子益子

そこのスーパーで安く売ってたんですよこれ。


福田福田

買ってきたやつか。僕採れたてかと思いましたよ。


益子益子

手間暇考えたら買った方が安いんだこういうの。


福田福田

そんな事言わないでくださいよ。


益子益子

農協に言うなよおい!


福田福田

大丈夫です。言わないですから。でもお父さん僕はここで自給自足の生活をしようと思って来たんです。


益子益子

やっぱり畑やりてえんだ。じゃあわかった。このクワあげっから。


福田福田

いいんですか?


益子益子

いいよ。持っていけよ。


福田福田

すごい。僕初めて持ちます。


益子益子

そうなの?ちょっとやってみなきゃ土。


福田福田

こうですか?えいっつって。


益子益子

いや腰入れ・・・腰をこの・・・。若い人。


福田福田

こうですか?えいっつって。


益子益子

膝をグッと前に入れんだ・・・。


福田福田

すいません!


益子益子

痛ぇー!ああー痛ぇ痛ぇ。


福田福田

すいませんお父さん。大丈夫?お父さん。頭から血が出てますけど救急車呼びます?お父さん。血が出てますよ。


益子益子

いいよいいよいいよ。


福田福田

すいません。


益子益子

かさぶたになんの待つからいいわ。


福田福田

だいぶ時間かかりますけど。


益子益子

あとではがすんだよあとで。


福田福田

はがさない方がいいですね。


益子益子

やっぱり東京の人間はよ畑なめてんな。


福田福田

そんな事ないですよ。


益子益子

要するに種まけばさ芽が出っと思ってんだんべ?


福田福田

そうじゃないんですか?


益子益子

そんな甘くないよ。肥やし作り。あとはね土作り土。


福田福田

土?


益子益子

うちの土はねすごく質がいいんだよ。あのね余計な物質が入ってない。栄養価が高い。だからねすごくサラサラしてんだよ。こうじゃねえとホントのいい野菜ってできねえんだな。


福田福田

そうなんですね。


益子益子

見てみな。フーッ!


福田福田

ちょっとなんですか?お父さん。砂が目に入りましたよもう。


益子益子

ごめんね。「ごめんねごめんね」っつうの?東京では。


福田福田

誰も言ってないです。誰も言ってないです。


益子益子

誰も言ってねえわけねえだろ。冗談は置いといてホントにねうちの土はね質が高い。サラサラしてるし何しろね香りがねすごく高いんだよね。


福田福田

香りですか?


益子益子

土ってたまに臭い嫌な臭いあっぺ。一切ねえから。太陽の光をね存分に浴びさしてっから土本来の香り。こうじゃねえとホントのねいい野菜できねえんだよ。


福田福田

そういうもんなんですね。


益子益子

におい嗅いでみな一回。


福田福田

いやいやいやいや。また僕近づいたらフーッてやってくるんじゃないですかお父さん。


益子益子

何?


福田福田

いやいやいや。近づけたら100パーフーッてやってくるんじゃないですか。


益子益子

冗談やる時間はさっきで終わったんだよ。俺今真剣に話してんだよ。


福田福田

はい。


益子益子

ふざける時はふざけていいよ。楽しく。ワハハと笑って。


福田福田

はい。


益子益子

いつまでふざけてんべ?


福田福田

はい。


益子益子

お前が畑やりてえっつうから俺時間割いて教えてやってんだからお前。話ちゃんと聞く時聞かねえといい野菜できねえぞ!でれすけ!この野郎この野郎!調子に乗るなこの野郎。全くこの野郎。


福田福田

すいませんでした。


益子益子

じゃあわかったらにおい嗅いで。


福田福田

はい。


益子益子

フーッ!ハハハハハッ。


福田福田

しつこいなもう。なんなんですか?この冗談。意味わかんないですよホントに。


益子益子

意味わかっぺやお前。


福田福田

僕もう帰りますよ。


益子益子

帰る?じゃあ6時だからさ晩ご飯一緒にやっぺ。


福田福田

飯ですか?


益子益子

引っ越しパーティーやってやっから。


福田福田

まあいいですけど。


益子益子

家そこだんべ?じゃあ10分後に伺いますから。


福田福田

お前が来んのかよ。いいかげんにしろ。どうもありがとうございました。

Follow me!