山添山添

お隣よろしいですか?

ケイケイ

どうぞ。

山添山添

相席スタートです。

ケイケイ

お願いします。

山添山添

ケイさん男が使えるいい方法を僕思い付きましたよ。

ケイケイ

いい方法?

山添山添

男ってね女性を下心を持って家に誘ったとき断られたらカッコ悪いんすよ。

ケイケイ

そりゃカッコ悪いよ。

山添山添

でもですよ、もし女性に断られたとしてもカッコつけて帰れる無敵の言葉これ思い付いたんです。

ケイケイ

無敵の言葉?

山添山添

はい。「そう言ってくれてよかった」これです。家に誘う男やるんで断る女性やってください。

ケイケイ

断ればいいのね。

山添山添

はいはい。飲んだな。あれ?終電ないやん。

ケイケイ

どうしよう。

山添山添

じゃあうち来る?

ケイケイ

嫌です。

山添山添

そう言ってくれてよかった。君がすぐについて来るような軽い女の子だったらきっと好きになってなかったから。ありがとう。じゃあまたね。

ケイケイ

ダサい!ダサいダサい・・・。

山添山添

すごいでしょ。いやこれの何がすごいってこう言うってことはこの人下心なかったんや紳士的ってなるんです。

ケイケイ

なんないなんない。あいつマジダサいんだけどって後から悪口言われるよ。

山添山添

それはケイさんの周りだけ。しかもこれの何がすごいってこのシチュエーション以外他のシチュエーションでも対応できる。

ケイケイ

まず今使えてないんだけど。

山添山添

綺麗なお姉さんいるな。お姉さんよかったら僕と今度ご飯行きませんか?

ケイケイ

行きません。

山添山添

そう言ってくれてよかった。僕もその日おなかすいてるか分からないし。

ケイケイ

じゃあ何で誘ったの!?

山添山添

綺麗な髪触らせてもらっても・・・。

ケイケイ

嫌です。

山添山添

そう言ってくれてよかった。僕潔癖症だし。

ケイケイ

何なの?それ。バカじゃないの。

山添山添

そう言ってくれてよかった。僕バカなんだって気付けたし。

ケイケイ

絶対やめた方がいいって女の子に嫌われるだけ。あんたが恥かくだけだから絶対にやめた方がいいって!

山添山添

そう言ってくれてよかった。やっぱやめとこうって思えた。お席外させていただきます。どうもありがとうございました。

Follow me!